求人読み物を見ていて、笑わせないで下さいよと想うケース

求人マガジン、タダ用紙のですが、各週見分けるほど、好きなんです。見ていて笑うことが多いですもん。例えば、クルマワークショップの求人なんかで、それほどこんなことが書かれているんです。車好きにはたまらない、ものづくりが好きな人スペックなど。笑わしますよね。クルマワークショップでは下っ端ははっきり言って、車のいつの中味何やら分からないで作業しているし、一から作っているわけではないですから、ものづくりのポイントなんて極めて味わえないですよね。それにワークショップでの事務は、ものづくりとは縁遠い勘ですよね。圧迫と言って、でっかい設備で鋼鉄なんかをつぶす工程ではただボタンを圧すだけだし、塗装もそう、ボタンを圧すだけ、これらは設備の食い違いが起きないか、突っ立って手動してるだけだもん。なにがものづくりなんですかね。だいたい唯一、ものづくりに間近いのは艤装ぐらいですよね。構成だ。でもこれは相当のエキスパートが担当するので、求人マガジンで募集して採用された人たちは随分遠い天命やらせて頂けるぐらいだから、ものづくりの楽しさを味わったり、車好きの人類が喜べる職業ではないですね。この求人アナウンスにあれこれ、だまされて、悪徳ですとかいうんですよね。脱毛ラボ 料金